休職の期間及び効果|効果とはどういう意味なのだ?

スポンサーリンク

休職の期間及び効果

休職の期間及び効果

 

第14条と第15条は、さほど重要事項ではないということなのか、説明は省略されているものが多いようです。

 

しかし、とばすわけにもいきません。

 

まず条文から確認します。

 

 

 

教育公務員特例法第14条(休職の期間及び効果)

 

1 公立学校の校長及び教員の休職の期間は、結核性疾患のため長期の休養を要する場合の休職においては、満2年とする。ただし、任命権者は、特に必要があると認めるときは、予算の範囲内において、その休職の期間を満3年まで延長することができる。

 

2 前項の規定による休職者には、その休職の期間中、給与の全額を支給する。

 

休職の期間及び効果|効果とはどういう意味なのだ?

 

 

結核で休職する場合の条文のようですね。

 

地方公務員法にも休職に関する条文があります。

 

 

地方公務員法第28条(降任、免職、休職等)

 

2 職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反してこれを休職することができる。

 

  一 心身の故障のため、長期の休養を要する場合

 

  二 刑事事件に関し起訴された場合

 

スポンサーリンク

 

 

そして、そもそもこの教育職員特例法には、休職の期間の条文がありましたよね。

 

 

教育職員特例法第6条(休職の期間)

 

学長、教員及び部局長の休職の期間は、心身の故障のため長期の休養を要する場合の休職においては、個々の場合について、評議会の議に基づき学長が定める。

 

 

 

大学のことだと思って軽く見ていましたね。

 

でも、結局この条文は、結核のときの休職だけを対象としているのだろうか。

 

休職の期間及び効果|効果とはどういう意味なのだ?

 

まとめ

 

効果とはどういう意味なのか?

 

詳しくはよくわからないので、この条文については深入りしないこととします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

教育公務員特例法の趣旨
教育公務員特例法の趣旨について調べました。
教育公務員・教員の定義
教育公務員の定義とは?教育公務員・教員の定義が言えますか。
大学の学長、教員、部局長
大学の学長、教員、などについてまとめました。
教育公務員の採用・昇任は?
教育公務員の採用・昇任について調べました。
教育公務員の条件附任用期間
教育公務員の条件附き任用期間について調べました。
公立学校教員の給与とは
教育公務員の給料について調べました。
指導主事の選考とは
専門的教育職員のうち、指導主事について調べました。
教育公務員の兼職・兼業
教育公務員の兼職兼業について調べました。
政治的行為の制限
教育公務員特例法の政治的行為の制限について調べました。
教育公務員特例法の研修とは
教育公務員特例法の研修について調べました。
研修の機会とは
研修の機会について考えてみました。
改正教特法とは
改正された部分について調べました。
指標の策定を協議する協議会
指標の策定に関する協議を行う協議会についてまとめました。