特別支援学校の教員免許状

スポンサーリンク

特別支援学校の教員免許状

特別支援学校の教員免許状

 

特別支援学校の教員免許について、ここでまとめてみることにしました。

 

特別支援学校の教員については、次のように定められています。

 

教育職員免許法3条(免許)
3 特別支援学校の教員については、第1項の規定にかかわらず、特別支援学校の教員の免許状のほか、特別支援学校の各部に相当する学校の教員の免許状を有する者でなければならない。

 

つまり、特別支援学校の高等部で教える場合には、特別支援学校教諭の免許状と、高等学校教諭の免許状が必要なのですね。「両方が必要」なのです。

 

ところが、これには例外規定があるのです。

 

次の規定です。普通免許状しかもっていない場合です。

 

教育職員免許法附則第16項(S24.9.1施行)
16 幼稚園、小学校、中学校又は高等学校の教諭の免許状を有する者は、当分の間、(略)特別支援学校の相当する各部の主幹教諭、指導教諭、教諭又は講師となることができる。

 

附則は、年度が違うものがいくつかあるのですが、その中で一番古いものです。

 

これによると、特別支援学校の免許がなくても、高等学校の免許があれば、「特別支援学校の高等部」を教えることができるのです。

 

 

また、逆に特別支援学校の教諭の免許と幼小中高いずれかの普通免許を持っている場合の例外規定もあります。

 

教育職員免許法17条の3
特別支援学校の教諭の普通免許状のほか、幼稚園、小学校、中学校又は高等学校のいずれかの学校の教諭の普通免許状を有する者は、(略)特別支援学校において、自立教科の教授又は実習を担任する主幹教諭、指導教諭、教諭又は講師となることができる。

 

これによると、たとえば特別支援学校の高等部で国語を教える場合、特別支援学校の普通免許を持っていれば、他の免許状は、幼、小、中のどれでもよいことになります。

 

 

免許状の経過措置については別の機会があればまとめます。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

学校の管理・運営
学校の管理・運営についてまとめました。
校務分掌
校務分掌についてまとめてみました。
職員会議とは
職員会議についてまとめてみました。
職員会議つづき
職員会議が学校教育法施行規則に定められた後はどのような変化があったのでしょうか。
学校評価
学校評価についてまとめました。
学校評価(第3者評価)
学校評価の3つ目、第3者評価についてまとめてみました。
人事考課制度、職員評価
人事考課制度である職員評価についてまとめてみました。
学校施設の目的外使用
学校施設の目的外使用についてまとめました。
土曜日に授業ができるのか
公立の學校が土曜日に授業を実施できるようになっています。土曜日の授業についてまとめました。
表簿とは?
表簿についてまとめました。
職員定数とは
公立高校の職員定数についてまとめました。
加配とは?
職員定数の加配についてまとめました。
再任用制度とは
再任用制度についてまとめました。
教員免許更新制とは
教員免許制度についてまとめました。
教員免許を更新するには
教員免許更新の内容についてまとめました。
免許更新受講免除とは?
教員免許状更新講習受講免除についてまとめました。
特別免許状とは
特別免許状についてまとめました。
臨時免許状とは
臨時免許状についてまとめました。
教員の採用と任命
教職員の採用と任命についてまとめました。
教職員の転任
教職員の人事制度(転任)についてまとめました。
教員の給与制度とは
教員の給与制度について調べました。
公務災害とは
公務災害について調べました。
教員免許状の失効とは?
教員免許が失効する場合について調べました。
懲戒,分限による免許状失効
懲戒免職や分限免職による教員免許状の失効についてまとめました。
免許状の取上げとは?
教員免許状の取上げとは何でしょうか?私立学校の教員の免許状は失効などはないのでしょうか。