地方公務員法の罰則とは|違反した公務員が罰せられるのはもちろんですが、公務員以外の者が罰せられることもあります。

スポンサーリンク

地方公務員法の罰則とは

公務員は、地方公務員法に違反した場合の罰則が定められています。

 

地方公務員法の第何条に違反しているかによって、段階別に罰則が定められています。

 

(1)1年以下の懲役または50万円以下の罰金(法60条)

 

(2)3年以下の懲役または100万円以下の罰金(法61条)

 

(3)以下の行為を企て、命じ、故意に容認し、そそのかし、ほう助したものは各本条の刑に処する。(法62条)

 

(4)3年以下の懲役(法63条)

 

(5)10万円以下の過料(法65条)

 

 

 

公務員以外の者が罰せられるのは、公務員を退職・離職した者が何らかの違反をした場合のことです。退職・離職後もしてはいけないことがありましたね。「秘密を守る義務」がそうだったはずです。

 

今回は(1)の場合について調べてみます。

 

地方公務員法の罰則とは|違反した公務員が罰せられるのはもちろんですが、公務員以外の者が罰せられることもあります。

 

スポンサーリンク

 

1年以下の懲役または50万円以下の罰金

1年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

@対象・・・平等取扱の原則に違反して差別したもの

 

根拠・・・法13条

 

すべて国民は、この法律の適用について平等に取り扱われなければならず、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地によって、又は第16条第5号に規定する場合を除く外、政治的意見若しくは政治的所属関係によって差別されてはならない。

 

外国人にも平等に対応しなければならないのですね。

 

今後、日本全国で外国人労働者が増えていくのですが、公務員はそれにもしっかり平等に対応しなければなりません。そうしないと、この罰則が適用される可能性があります。

 

(あまり「可能性があります」と言う表現は私は好きではありませんが)

 

 

 

A対象・・・守秘義務に反して秘密を漏らした者

 

根拠・・・法34条

 

1 職員は、職務法知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

 

2 法令による証人、鑑定人等となり、職務法の秘密に属する事項を発表する場合においては、任命権者の許可を受けなければならない。

 

 

これは退職者も同様です。2もそうですが、退職した検事はどうなのでしょう?テレビでそういう場面がありましたね。井上順の。

 

 

 

B対象・・・人事委員会等の指示に故意に従わなかった者

 

根拠・・・法50条第3項

 

3 人事委員会又は公平委員会は、第1項に規定する審査の結果に基いて、その処分を承認し、修正し、又は取り消し、及び必要がある場合においては、任命権者にその職員の受けるべきであった給与その他の給付を回復するため必要で且つ適切な措置をさせる等その職員がその処分によって受けた不当な取扱を是正するための指示をしなければならない。

 

この条文の、何に故意に従わなかった者なのだろう?
よくわからないなあ?

 

 

 

C対象・・・在職していた地方公共団体と再就職先との間の契約等事務であって離職前5年間の職務に関し、離職後2年間、職務上の不正な行為をするように、又は相当の行為をしないように現職職員に要求・依頼した再就職者

 

 

 

D対象・・・在職していた地方公共団体と再就職先との間の契約等事務であって離職前5年間の職務に関し、離職後2年間、職務上の不正な行為をするように、又は相当の行為をしないように元職員から要求・依頼を受けた職員で、職務法の不正行為をし、又は相当の行為をしなかった者

 

 

Cは再就職者が対象。Dは職員が対象ですね。

 

でもどっちの条文もわかりにくいなあ。

 

 

第6項、第7項、第8項もありますが、よくわからん!

 

地方公務員法の罰則とは|違反した公務員が罰せられるのはもちろんですが、公務員以外の者が罰せられることもあります。

 

 

 

まとめ

 

まず違反が軽いほうの対象から検討していきますが、条文は省略します。

 

次回は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

 

楽しみにしていてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
勤務条件に関する措置要求
勤務条件に関する措置条件について調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
審査請求とは
職員が、意に反する不利益な処分を受けた場合どうするか調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。
職員団体とは
公務員の職員団体について調べました。
職員団体を構成する職員
職員団体を構成する職員について調べました。
管理職員の職員団体加入
管理職員の職員団体加入の是非について調べました。
職員団体の登録とは
職員団体の登録について調べました。
職員団体登録のメリットとは
職員団体として登録することのメリットについて調べました。
職員団体の取消し
職員団体の取消しについて調べました。
職員団体の交渉
職員団体の交渉についてまとめました。
在籍専従制度とは
在籍専従制度について調べました。
【罰として】
さらに重い地方公務員の罰則について調べました。