職員団体の交渉|職員団体と地方公共団体の紳士協定

スポンサーリンク

交渉とは

交渉とは

 

交渉とは一般に、相手と話し合いをして物事をまとめることをいいます。

 

職員団体の場合は、職員団体と地方公共団体の話し合いになります。

 

勤務条件の維持改善を目的として組織されたのが公務員の職員団体ですから、当局と話し合い、交渉を通じて目的を達成することは、職員団体の重要な役割です。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

1 地方公共団体の当局は、登録を受けた職員団体から、職員の給与、勤務時間その他の勤務条件に関し、及びこれに附帯して、社交的又は厚生的活動を含む適法な活動に係る事項に関し、適法な交渉の申入れがあった場合においては、その申入れに応ずべき地位に立つものとする。

 

 

地方公共団体の当局が、職員団体の申入れに応ずべき地位に立たなければならないのは、登録職員団体が、人事委員会又は公平委員会に公証された団体であるためです。

 

非登録職員団体から交渉の申入れがあった場合は、応じなくてもかまわないのです。

 

ただし、地方公共団体の当局が、職員の勤務条件の維持改善のために望ましいと判断すれば、交渉することもできます。

 

なお、登録職員団体、非登録職員団体どちらも、適法な交渉は勤務時間中に行うことができます。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

8 本条に規定する適法な交渉は、勤務時間内においても行うことができる。

 

職員団体の交渉|職員団体と地方公共団体の紳士協定

交渉できない事項とは

交渉できない事項とは

 

職員団体が交渉できるのは、

 

@職員の給与、勤務時間その他の勤務条件

 

A勤務条件に附帯する社交的又は厚生的活動を含む適法な活動に係る事項

 

でした。

 

 

では、交渉できない事項とは何でしょうか。

 

これは、地方公共団体の事務の管理及び運営に関する事項です。

 

管理運営事項とは、具体的には地方公共団体の組織に関する事項、職員定数、職員の配置に関する事項、予算編成に関する事項、条例の企画、懲戒処分、分限処分などのことです。

 

職員団体がこれらのことに関与することは本来の役割から外れてしまうことになるのです。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

3 地方公共団体の事務の管理及び運営に関する事項は、交渉の対象とすることができない。

 

職員団体の交渉|職員団体と地方公共団体の紳士協定

 

スポンサーリンク

交渉のルールとは

交渉のルールとは

 

職員団体と地方公共団体の当局が交渉を行うに当たっては、あらかじめ取り決めておくべきことがあります。

 

次のようなことです。

 

議題、時間、場所、その他必要な事項

 

交渉に先立って、これらのことを取り決める交渉のことを「予備交渉」と言います。

 

予備交渉を行わずに交渉の申入れが職員団体からあった場合は、地方公共団体の当局は交渉を拒否することができます。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

5 交渉は、職員団体と地方公共団体の当局があらかじめ取り決めた員数の範囲内で、職員団体がその役員の中から指名する者と地方公共団体の当局の指名する者との間において行わなければならない。交渉に当たっては、職員団体と地方公共団体の当局との間において、議題、時間、場所その他必要な事項をあらかじめ取り決めて行うものとする。

 

 

交渉の当事者は、職員団体については「役員の中から指名する者」となり、地方公共団体については「当局の指名する者」となります。

 

当局側は取り決めた人数の範囲内ならば、交渉担当者を自由に指名することができます。

 

職員団体側は、職員団体に特別の事情がある場合は役員以外の者を指名することもできます。

 

例えば、交渉事項が専門的であるとき、弁護士を代表者とすることができます。このような場合は、代表者は職員団体から交渉の委任を受けたことを文書で証明する必要があります。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

6 前項の場合において、特別の事情があるときは、職員団体は、役員以外の者を指名することができるものとする。ただし、その指名する者は、当該交渉の対象である特定の事項について交渉する適法な委任を当該職員団体の執行機関から受けたことを文書によって証明できる者でなければならない。

 

職員団体の交渉|職員団体と地方公共団体の紳士協定

交渉の打ち切りとは

交渉の打ち切りとは

 

これは、地方公共団体の当局側が交渉を打ち切ることができるということだと思います。

 

条文をご覧ください。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

7 交渉は、前2項の規定に適合しないこととなったとき、又は他の職員の職務の遂行を妨げ、若しくは地方公共団体の事務の正常な運営を阻害することとなったときは、これを打ち切ることができる。

 

職員団体の交渉|職員団体と地方公共団体の紳士協定

 

まとめ

 

第55条の趣旨は、公務員の争議行為が全面的に禁止されていることに対しての代償として、団体交渉が最大限に尊重されなければならないためです。

 

第55条でこれまで出てきたもの以外の条文も見ておきます。

 

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

2 職員団体と地方公共団体の当局との交渉は、団体協約を締結する権利を含まないものとする。

 

9 職員団体は、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程にてい触しない限りにおいて、当該地方公共団体の当局と書面による協定を結ぶことができる。

 

10 前項の協定は、当該地方公共団体の当局及び職員団体の双方において、誠意と責任をもって履行しなければならない。

 

11 職員は、職員団体に属していないと言う理由で、第1項に規定する事項に関し、不満を表明し、又は意見を申し出る自由を否定されてはならない。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
勤務条件に関する措置要求
勤務条件に関する措置条件について調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
審査請求とは
職員が、意に反する不利益な処分を受けた場合どうするか調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。
職員団体とは
公務員の職員団体について調べました。
職員団体を構成する職員
職員団体を構成する職員について調べました。
管理職員の職員団体加入
管理職員の職員団体加入の是非について調べました。
職員団体の登録とは
職員団体の登録について調べました。
職員団体登録のメリットとは
職員団体として登録することのメリットについて調べました。
職員団体の取消し
職員団体の取消しについて調べました。
在籍専従制度とは
在籍専従制度について調べました。