定年退職とは?|定年っていつからあったのか?

スポンサーリンク

「定年」は、いつからあったのか?

定年は昔はなかったのか

 

「定年っていつからあったのか?」という問いは、よくわからない問いだと思うかもしれません。

 

「定年って、昔はなかったの?」という疑問が起きるかもしれません。

 

そうなんです。

 

実は、昔は「定年」はなかったのです。

 

昭和56年の地方公務員法改正により、第28条の2〜4の3か条が地方公務員法に追加されました。

 

それ以前は地方公務員の定年制を定める法規定は存在しませんでした。

 

 

 

しかし、実際上は、いわゆる退職勧奨という合意に基き、一定年齢に達した職員が退職する方式が取られていたのです。

 

 

地方公務員法は、職員の身分を保障する法律であるにもかかわらず、裏では暗黙の理解による退職が行われていたということになります。

 

 

このようなことは、問題にならなかったのでしょうか。

 

そんなはずはなく、実際は少なからず問題が起きていたようです。

 

定年退職とは?|定年っていつからあったのか?

 

スポンサーリンク

定年制の施行

そこで、昭和56年の改正により、定年制を法定の「退職事由」として定める必要が生じたのです。

 

そして、昭和60年に、地方公務員一般についての定年制が施行されました。

 

昭和60年は、わたしが社会人になった年です。

 

定年制はその年から実施されていて、それ以前はなかったということには、ちょっと複雑な気持ちがありますね。

 

その制度が始まった年に公務員になったのだということを、私は知らなかったのです。

 

 

 

 

では、条文を見てみましょう。

 

 

 

地方公務員法第28条の2(定年による退職)

 

1 職員は、定年に達したときは、定年に達した日以後における最初の3月31日までの間において、条例で定める日(以下「定年退職日」という。)に退職する。

 

2 前項の定年は、国の職員につき定められている定年を基準として条例で定めるものとする。

 

3 前項の場合において、地方公共団体における当該職員に関しその職務と責任に特殊性があること又は欠員の補充が困難であることにより国の職員につき定められている定年を基準として定めることが実情に即さないと認められるときは、当該職員の定年については、条例で別の定めをすることができる。

 

この場合においては、国及び他の地方公共団体の職員との間に権衡を失しないように適当な考慮が払われなければならない。

 

4 前三項の規定は、臨時的に任用される職員その他の法律により任期を定めて任用される職員及び非常勤職員には適用しない。

 

定年退職とは?|定年っていつからあったのか?

 

これにあるように、地方公務員の定年は、国の職員につき定められている定年を基準として、「条例」により定めることとなっています。

 

国においては、定年年齢を60歳としています。

 

一部例外の実例として、医師・歯科医師の65歳、用務員などの単純労務職員については63歳が定年となります。

 

 

 

本県の条例を調べてみました。

 

職員の定年等に関する条例(昭和60年3月31日施行)

 

第3条 職員の定年は、年齢60年とする。ただし、次の各号に掲げる施設等において医療業務に従事する医師及び歯科医師は、年齢65年とする。
  1 病院及び診療所
  2 保健所

 

定年退職とは?|定年っていつからあったのか?

 

まとめ

 

今日、「ぷちまな」というメールで来る問題に、次のようなものがありました。

 

問題:地方公共団体の職員は、定年に達したときには、定年に達した日以後における最初の3月31日までの間において、条例で定める日に、免職処分を受けて退職する。

 

(1)正しい

 

(2)誤り

 

さて、どちらが正解でしょうか?

 

 

こういうのもありますよ。

 

問題:職員の定年については、国家公務員の定年をそのまま条例で定めることとされており、国家公務員の定年と別の定めをすることはできない。

 

(1)正しい

 

(2)誤り

 

基本ですね。

 

「ぷちまな」は勉強になります。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。