地方公務員の研修とは?|教員の研修の違いは?

スポンサーリンク

地方公務員の研修とその目的とは

地方公務員の研修とその目的とは

 

職員には、その勤務能率の発揮及び増進のために、研修を受ける機会が与えられなければならない、と定められています。

 

立場を変えると、地方公共団体は職員に研修を受ける機会を与えなければならないのです。

 

これは、行政が最小の経費で最大の効果をあげるため、職員には最大限の能力を発揮することが求められているからです。

 

また、この研修は、任命権者が行うものとされています。

 

さらに人事委員会は、研修に関する計画の立案その他研修の方法について任命権者に勧告することができる、と定められています。

 

 

地方公務員法第39条(研修)

 

1 職員には、その勤務能率の発揮及び増進のために、研修を受ける機会が与えられなければならない。

 

2 前項の研修は、任命権者が行うものとする。

 

3 地方公共団体は、研修の目標、研修に関する計画の指針となるべき事項その他研修に関する基本的な方針を定めるものとする。

 

4 人事委員会は、研修に関する計画の立案その他研修の方法について任命権者に勧告することができる。

 

 

 

3は過去の地方公務員法にはありませんでしたので、平成26年より前の改正で付け加えられたようです。

 

研修の目標や計画などの基本方針は、地方公共団体が定めることとなったのですが、それまではなんとなくバラバラに行われていたのでしょうか?

 

つまり、任命権者が実施する研修は、地方公共団体として統一的な方針で行われるべきであり、「地方公共団体の長」が、「各任命権者」と調整を行いながら方針を定めるということなのです。

 

 

研修の目標とは

 

研修の目標とは、「研修で得られる知識や経験」のことをいうと考えましょう。文書をつくるときに、「目標」の項目で悩むことも多いのですが、どんな知識が得られるのか、どんな経験が得られるのか、ということを考えればよいということですね。

 

地方公務員の研修とは?|教員の研修の違いは?

 

スポンサーリンク

研修の種類にはどんなものがあるか

研修の種類にはどんなものがあるか

 

対象職員による種類別研修

 

新任者研修、現任者研修、管理職研修、係長研修、課長研修など

 

 

事業主体による種類別研修

 

・任命権者が実施する研修
・市町村が都道府県に委託して行う研修
・自治大学校などへの派遣研修
・通信教育による研修

 

 

内容による種類別研修

 

・一般教養に関する研修
・職務内容別の研修

 

 

研修場所による種類別研修

 

・職場内で行われる研修(OJT・・・On the Job Traininng)
・職場外で行われる研修(OffJT・・Off the Job Traininng)

 

 

期間による種類別研修

 

・長期研修
・短期研修

 

 

研修の手法とは

 

研修の手法には非常に多くのものがありますが、カタカナの名前のものも多く、いったいどんなものなのか、定義はどういうものなのか、知らないで参加していることはありませんか?

 

(1)OJT

 

On the Job Training の略で、「職場内研修」のことです。監理監督者が部下に対して日常的に行う研修です。監理監督者は、「指揮命令者」と「教育訓練者」の立場を兼ねています。

 

トヨタの問題解決 [ (株)OJTソリューションズ ]

 

OJTの長所

 

・個々の職員に適した、職務に即した内容の訓練ができる。
・業務を中断する必要がない。(出張しない)
・特別な経費がかからない。(上司がやるし出張旅費もかからない)

 

OJTの短所

 

・指導する者の資質に左右される(フィードバックとか反省は面倒です)
・職場により実施状況が異なる(ちゃんとやっているのかどうか)

 

超解OJTで面白いほど自分で考えて動く部下が育つ本 [ 松下直子 ]

 

 

(2)ディベート

 

1つのテーマについて異なる2つの立場から議論をする手法。最後に第3者から勝敗の判断が下される。

 

 

(3)バズセッション

 

討議の手法。参加者を少人数のグループに分けて自由討論を行い、そこで得られた結論を代表者が発表し、参加者全体としての討議を進める。

 

付箋を用いて書きながらやります。最近は「アクティブラーニング」なんてよばれますが、昔からある方法なのですね。

 

 

(4)パネルディスカッション

 

1つの議題について、数人の専門家、学識経験者等が意見を発表し、その最後に一般の参加者が質疑や意見を述べる方法。

 

大きな会場で多くの人数が参加するときに使われる。

 

 

(5)フォーラム

 

1人の講師が講義を行い、司会の進行によって参加者が質疑討論を行う方式。また、講義の後、少人数のグループに分かれて討論した上で質疑討論する方法も用いられる。

 

講義の後に質疑討論があり、講義の内容を参加者全員が掘り下げ理解を深めることができる。

 

午前中に「基調講義」があり、午後から「分科会」をやって最後に閉会行事でまとめの発表、というパターンでしょうか。

 

この「フォーラム」という形の研修が一番多いかもしれませんね。

 

 

(6)ケーススタディ

 

事例研究法。
・各自でレポートを作成し持ち寄る。
・討論
・解決案の検討
・一般化
という進行で行われますが、分科会の中身がこうなっていることが多いですね。

 

 

(7)ロールプレイング

 

役割演技法。
・管理職昇任予定者対象の「組合交渉」ロールプレイング
・新任職員対象の「窓口対応」ロールプレイング

 

地方公務員の研修とは?|教員の研修の違いは?

県費負担教職員の研修とは

県費負担教職員の研修とは

 

 

地方教育行政の組織及び運営に関する法律第45条(研修)

 

1 県費負担教職員の研修は、地方公務員法第39条第2項の規定にかかわらず、市町村委員会も行うことができる。

 

2 市町村委員会は、都道府県委員会が行う県費負担教職員の研修に協力しなければならない。

 

 

 

教育公務員特例法第21条(研修)

 

1 教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。

 

2 教育公務員の任命権者は、教育公務員の研修について、それに要する施設、研修を奨励するための方途その他研修に関する計画を樹立し、その実施に努めなければならない。

 

 

教育公務員特例法第22条(研修の機会)

 

1 教育公務員には、研修を受ける機会が与えられなければならない。

 

2 教員は、授業に支障のない限り、本属長の承認を受けて、勤務場所を離れて研修を行うことができる。

 

3 教育公務員は、任命権者の定めるところにより、現職のままで、長期にわたる研修を受けることができる。

 

 

 

以下条文は省略します。

 

教育公務員特例法第23条(初任者研修)

 

 

教育公務員特例法第24条(10年経験者研修)

 

 

教育公務員特例法第25条(研修計画の体系的な樹立)

 

 

教育公務員特例法第25条の2(指導改善研修)

 

 

教育公務員特例法第25条の3(指導改善研修後の措置)

 

 

教育公務員は扱いが特別なのですね・・・。何から何までこんなに面倒を見ないとやっていけない職業になったのでしょうか。

 

地方公務員の研修とは?|教員の研修の違いは?

 

 

 

まとめ

 

教職員にこんなに研修を実施して、本来の業務に支障が出ないのでしょうかね。誰が考えたのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。