政治的行為

スポンサーリンク

政治的行為|人事院規則14-7とは?

国家公務員法102条に基づいて定められている規則が、「人事院規則14-7」です。ちゃんとタイトルもついていて、「政治的行為」というのですよ。

 

その中身は、
・適用の範囲
・政治的目的の定義
・政治的行為の定義
の3つです。前書きのようなものです。

 

そして、そのあとの条文は第1条しかありません。
それも施行の日付だけです。面白い規則ですね。

 

ちなみに余計な話ですが、条文のない法令もありましたよね。
そうです。あの政令です。

 

あの超勤4項目を定めている政令。
長いので省略します。

 

では本題。国家公務員法102条の確認です。

 

国家公務員法102条(政治的行為の制限)

 

1 職員は、政党又は政治的目的のために、寄付金その他の利益を求め、若しくは受領し、又はなんらの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない。

 

2 職員は、公選による公職の候補者となることができない。

 

3 職員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問、その他これらと同様な役割をもつ構成員となることができない。

 

まず、政治的行為の定義から行きましょう。政治的目的はその後で。

 

正確に全文を書こうと思いましたが、わかりにくくなるところもあるので、「若しくは」や「又は」の部分は、「等」などでまとめたところもあります。ご注意を。

 

政治的行為とは何なのか?|人事院規則14-7とは?

 

どんなことが政治的行為なのか?(政治的行為の定義)

 

1 政治的目的のために職名、職権又はその他の公私の影響力を利用すること。

 

2 政治的目的のために寄附金その他の利益を提供し又は提供せずその他政治的目的をもつなんらかの行為に対する代償又は報復として、任用、職務、給与、地位に関する利益を得若しくは得ようと企て又は得させようとすること、あるいは不利益を与え、与えようと企て、又は与えようとおびやかすこと。

 

(2はややこしいですね)

 

3 政治的目的をもって賦課金、寄附金、会費その他の金品を求め、受領し又はその他の方法を問わずこれらの行為に関与すること

 

4 政治的目的をもって、3に定める金品を国家公務員に与え又は支払うこと。

 

(4の国家公務員は、教員と読みかえますね)

 

5 政党、政治的団体の結成を企画し、結成に参与・援助し、それらの役員、政治的顧問、構成員になること。

 

6 特定の政党、政治的団体の構成員となるように又はならないように勧誘運動をすること。

 

7 政党、政治的団体の機関紙、新聞、刊行物を発行し、編集し、配布し、援助をすること。

 

8 政治的目的をもって、選挙などにおいて投票するように又はしないように勧誘運動をすること。

 

9 政治的目的のための署名運動を企画、主宰、指導、参与すること。

 

10 政治的目的をもって、行進、示威運動を企画、組織、指導、援助すること。

 

11 集会や多数の人に接し得る場所で、拡声器、ラジオ等を利用して、政治的目的を有する意見を述べること。

 

12 政治的目的を有する文書・図画等を、国又は行政法人の庁舎、事務所、施設等に掲示し、これらの庁舎、施設、資材、資金を政治的目的のために利用すること。

 

(教員の場合は、学校にポスターなどを貼ってはいけないということですね)

 

13 政治的目的を有する署名又は無署名の文書、図画、音盤、形象の発行、回覧、掲示、配布、朗読、若しくは聴取させ、これらの用に著作、編集すること。

 

(13の署名入りの文書、図画と12の文書、図画はどのように違うのだろうか?)

 

14 政治的目的を有する演劇の演出、主宰、援助。

 

15 政治的目的をもって、政治上の主義主張又は政党その他政治団体の表示に用いられる旗、腕章、記章、えり章、服飾等を製作し又は配布すること。

 

16 政治的目的をもって、勤務時間中において、16に掲げるものを着用し表示すること。

 

17 1〜16の禁止・制限を免れる行為をすること。

 

 

以上17個もありますが、すべて生々しくて聴いていて私はいやな思いをするものばかりです。なんだか気持ちが悪くなってきました。

 

こういうことにはあまりかかわらないのがよいです。

 

スポンサーリンク

政治的目的とは?

政治的行為とは何なのか?|人事院規則14-7とは?

 

ところで、各項の最初に書かれている「政治的目的」とは次のようなものがあります。
これもたくさんあります。

 

どんなことが政治的目的なのか?(政治的目的の定義)

 

目的ですから、各項の文末には「〜のため」や「〜の目的」とつけて読むのがよいと思います。

 

1 公選による公職の選挙において、特定の候補者を支持し、又はこれに反対すること。

 

2 裁判官の国民審査に際し、特定の候補者を支持し、又は反対すること。

 

3 特定の政党・政治団体を支持し、又はこれに反対すること。

 

4 特定の内閣を支持し、またはこれに反対すること。

 

5 政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張しまたはこれに反対すること。

 

6 国や公の機関において決定した政策(法令、規則、条例)の実施を妨害すること。

 

7 地方公共団体の条例の制定、改廃、事務監査の請求に関する署名を成立させ、または成立させないこと。

 

8 地方公共団体の議会の解散又は公務員の解職の請求に関する署名を成立させ、若しくは成立させず、又はこれらの請求に基づく解散若しくは解職に賛成し、若しくは反対すること。

 

以上8項目です。

 

(6,7,8は、なぜ地方公共団体に国家公務員が関係するのだろう?)

 

(「支持し、又はこれに反対すること」「成立させ、若しくは成立させず」という表現が多いのですが、ようするにどっちもしてはいけない、関わってはいけないということですね。)

 

 

まとめ

 

今回は、かなり勉強になりました。

 

教員にとって、地方公務員法の政治的行為の制限はあまり役に立たないのですね。

 

しかもこのようなことは、漠然と「やってはいけないこと」と認識していましたが、具体的にどんなことかぜんぜん理解していませんでした。

 

最近では、シチズンシップ教育もあり、18歳以上、17歳以下の生徒が選挙活動にかかわっていいこと、いけないことについてどのように注意しなければならないかが重要になってきました。。

 

うっかりすると教員の政治的行為になりかねませんから注意しないとね。

 

 

次回は政治的行為の制限に違反した場合について調べます。

 

国家公務員の罰則が、教員にも適用されるのか?

 

次回のお楽しみです。

 

つづく

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

教員の身分とは?
教員の身分とは何なのか、まとめてみました。
教育公務員の身分とは?
教員は教育公務員という身分を持ちます。一般の公務員とは何が違うのでしょうか。
県費負担教職員とは?
県費負担教職員とは何なのか、一問一答式でまとめてみました。
県費負担教職員の給与とは?
県費負担教職員の給与と法律について調べました。
服務の意味は?
教員の服務の意味について考えてみました。
職務上の義務とは何か?
「職務上の義務」について調べました。
身分上の義務とは何か?
教員の、公務員としての「身分上の義務」についてまとめました。
教員の服務義務とは?
教員の服務義務についてまとめたものです。
服務の宣誓はしましたか?
服務の宣誓についてまとめました。
公務員の職務命令とは?
公務員の職務命令についてまとめました。公立学校の教員も公務員ですね。
職務に専念する義務とは?
職務専念義務についてまとめました。
職専免とは何か?
職専免とは何かまとめました。
地方公務員法の職専免とは?
職専免のうち、地方公務員法で定められているものをまとめました。
教特法の職専免とは?
教育公務員特例法で定められた職専免についてまとめました。
労働基準法の職専免とは?
労働基準法に定められている職専免についてまとめました。
条例における職専免とは?
条例で定められた職専免について調べました。
職専免の手続きは?
職専免の手続きについてまとめました。
職専免で気づいたこと
職専免のことを調べていて気づいたことをまとめました。
信用失墜行為とは?
信用失墜行為とは何かまとめました。
信用失墜行為の内容とは?
信用失墜行為の内容についてまとめました。
秘密を守る義務とは?
秘密を守る義務についてまとめました。
「秘密」とは?
「職務上知り得た秘密」と「職務上の秘密」についてまとめました。
守秘義務の違反とは?
守秘義務違反についてまとめました。
営利企業等の従事制限とは?
地方公務員の営利企業等の従事制限についてまとめました。
営利企業等の従事制限の特例とは?
教育公務員の営利企業等の従事制限の特例について特例についてまとめました。
政治的行為の制限とは?
教員の政治的行為の制限についてまとめました。
政治的行為の制限違反とは?
政治的行為の制限の違反についてまとめました。
争議行為とは何か?
争議行為とは何かについてまとめました。
争議行為の禁止とは?
公務員の争議行為の禁止の理由についてまとめました。
争議行為等の禁止違反とは?
争議行為等の禁止違反についてまとめました。