論文対策(序論の書き方)

スポンサーリンク

序論は4つの文章で簡潔に決める。

あなたは論文を書くとき、最初にどのようなことで悩みますか。

 

問題を読み終えると、まず書き出しをどのように書くかで悩みませんか?

 

イントロが長くなりすぎると、肝心の書きたいことを書くスペースがなくなったり、時間がなくなったりします。

 

書き出しは、4つの文章で決めることが次の本論にスムーズに移行する秘訣です。

 

4つの文章は何を書くのか

序論で書くこととは?

 

4つの文章ですから、書く内容はコンパクトにまとまっていなくてはなりません。

 

ですから、次の4つのことを書いてください。

 

1 問題の(社会的)背景

 

2 課題への賛意とうまくいっていない現状

 

3 解決の方向性や指針

 

4 課題に向かっていく決意

 

 

問題文を読むときは、問題に正対するために、キーワードを○で囲みます。

 

キーワードに対して、自分が書き進めることをまとめましょう。

 

そして、4つの文章を書いてください。

 

4つの文章の内容は、「合格論文の技術」には次のようにありました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1 問題の(社会的)背景とは

 

   なぜ今この問題が大きな話題となっているのか。その意図は?

 

2 課題への賛意とうまくいっていない現状

 

   出題に対して賛意を示し、出題者の求めている方向と同じ考えであることを示す。

 

3 解決の方向性や指針

 

   本論につながっていく校長(教頭)としての自分の考える方向性

 

4 課題に向かっていく決意

 

   本論への橋渡しとなる簡潔且つ力強い決意

 

 

4では、教頭の場合「校長の指導のもと」または「校長の指導を仰ぎ」という謙虚な姿勢を必ず入れましょう。学校の中心は校長先生です。

 

序論の書き方とは|書き出しで書く4つの文とは?

 

 

まとめ

 

序論では、だらだらと長い文章で書くと、くどい文章になります。余計なことまで書いてしまうこともあります。

 

はっきりした主張と方向性をすっきり書きましょう。

 

また、決意の部分は「次のように取り組んでいきたい」よりも「次のように取り組む」のように言い切ったほうがいいでしょう。

 

さらに、本論の「柱」は、「3本柱」が書きやすいのですが、序論で「次の3点に取り組んでいく」と書くと、本当に3点書かなくてはならず、時間の関係やまとめ方で2点になってしまった場合に修正しなければなりません。私もそれで失敗したことがあります。「次のように取り組む」で十分です。

 

最近の子どもは、作文で「3つのこと」をよく書きますが、小学校でそのように指導されているのかな。

 

読む人にわかりやすくていい方法だけど、あんまりやりすぎるとつまらない文章になりますよね。

 

 

 

次回は、序論の実際の例を見て行きます。

 

つづく

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

論文対策 はじめに
そろそろ論文対策を始めましょう。
大論文と小論文とは
学校管理職試験の論文問題の種類についてまとめました。
序論の4文の例
序論の4文の例をいくつかまとめました。
本論の柱とは?
論文試験の本論を書く時の柱についてまとめました。
本論の3本柱の例
本論の柱の立て方の例についてまとめました。
論・例・策とは?
学校管理職試験の論文の書き方(本論)についてまとめました。
結論の書き方とは
論文対策の結論の書き方についてまとめました。