研修は自主的に行うもの|教員は研修を行うことができる。

スポンサーリンク

研修の機会は、教育公務員が与えられ、教員が行うもの

研修の機会

 

研修については、最近は積極的に研修に行きたいという気持ちは薄れてきました。

 

新しい学習指導要領によって、道徳や探求学習の研修があったり、最近は下火になってきましたがアクティブラーニングの研修があったり、なんとか審議会の気まぐれで振り回された高大接続の研修会があったり、カリキュラムマネジメントの研修会だったり、何から何まで研修大流行です。

 

これもこの教育公務員特例法の改正の影響なのでしょうか。

 

こんなことを書くと、この人物は教員としての資質がないと言われそうなのでストップします。

 

研修は自主的に行うもの|教員は研修を行うことができる。

 

教育公務員特例法第22条(研修の機会)

 

1 教育公務員には、研修を受ける機会が与えられなければならない。

 

2 教員は、授業に支障のない限り、本属長の承認を受けて、勤務場所を離れて研修を行うことができる。

 

3 教育公務員は、任命権者の定めるところにより、現職のままで、長期にわたる研修を受けることができる。

 

スポンサーリンク

 

 

 

教育公務員特例法の研修に関する条文が第21条と第22条だけのときは、本属長が承認すればいろいろな研修会に参加することができるものと(自分は)考えていた。

 

第22条が改正されて条文が追加になると、研修とは自発的に参加するのではなく、計画に則ってレールに沿って進んでいくような印象を受ける。

 

第22条の2につづく。

 

研修は自主的に行うもの|教員は研修を行うことができる。

 

まとめ

 

研修の構成は、前半講義、後半グループワークという形が多くなってきた。

 

グループワークは付箋を使うものが多いが、苦痛を感じるワークは勘弁してほしい。

 

苦痛に耐えることも研修なのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

教育公務員特例法の趣旨
教育公務員特例法の趣旨について調べました。
教育公務員・教員の定義
教育公務員の定義とは?教育公務員・教員の定義が言えますか。
大学の学長、教員、部局長
大学の学長、教員、などについてまとめました。
教育公務員の採用・昇任は?
教育公務員の採用・昇任について調べました。
教育公務員の条件附任用期間
教育公務員の条件附き任用期間について調べました。
公立学校教員の給与とは
教育公務員の給料について調べました。
休職の期間及び効果とは
教育公務員の休職について調べました。
指導主事の選考とは
専門的教育職員のうち、指導主事について調べました。
教育公務員の兼職・兼業
教育公務員の兼職兼業について調べました。
政治的行為の制限
教育公務員特例法の政治的行為の制限について調べました。
教育公務員特例法の研修とは
教育公務員特例法の研修について調べました。
改正教特法とは
改正された部分について調べました。