任命の方法とは?|採用・昇任・降任・転任の4つは定義済みです。

スポンサーリンク

任命の方法

任命の方法

 

地方公務員法第17条(任命の方法)

 

1 職員の職に欠員を生じた場合においては、任命権者は、採用、昇任、降任又は転任のいずれかの方法により、職員を任命することができる。

 

2 人事委員会を置く地方公共団体においては、人事委員会は、前項の任命の方法のうちのいずれによるべきかの一般的基準を定めることができる。

 

 

4つの定義は、すでに第15条の2で示されたとおりですが、職員を任命するのは欠員を生じた場合なのですね。

 

定員を単に増やしたいなどという理由はだめなのでしょうね。

 

誰かが退職したりしないと、任用できないということです。

 

 

また、任用には4つあるということですが、それ以外にもいろいろな用語があります。

 

配置転換、併任、兼職(兼務)、充て職、事務従事、出向、派遣などなど。

 

ここでは細かい説明は省略します。

 

任命の方法とは?|採用・昇任・降任・転任の4つは定義済みです。

 

スポンサーリンク

任命の方法の一般的基準とは?

任命の方法の一般的基準とは?

 

人事委員会が、任命の方法の一般的基準を定めることができる、となっています。

 

上の条文では省略しましたが、競争試験を行う公平委員会も同じ権限があります。

 

 

具体的にはどのようなものでしょうか?

 

任命の方法とは?|採用・昇任・降任・転任の4つは定義済みです。

 

 

 

本県の「職員の任用に関する規則」には次のようにあります。この規則はもちろん人事委員会規則です。

 

第2条 この規則は・・・職員及び市町村立学校職員給与負担法第1条及び第2条に規定する職員に適用する。

 

第3条 (採用、昇任、後任、転任、配置換、任命権者の定義があります。)

 

 

ほほう、始めて見てみましたが、いろんなことが書いてあるのですね。

 

 

第4条(任用の一般的基準)

 

1 職員の採用、昇任及び転任は、受験成績、勤務成績その他の脳直の実証に基づいて行うものとする。

 

2 職員の採用は・・・すべて競争試験によるものとする。

 

3 職員の昇任、降任、転任及び配置換は、職の類似性を基準として行うものとする。

 

4 異種と認められる他の職への昇任、降任及び転任は、次の各号の1に該当する場合に限るものとする。
以下 @廃職・過員のため、A心身の故障のため、B人事管理上特に必要と認められる場合、などが書かれています。

 

5 教育公務員特例法、警察法が適用される任命について書かれています。

 

 

以上のような「任用の一般的基準」が書いてありました。

 

これにつづく条文には、なかなか興味深い内容のものもありましたよ。

 

 

あなたも、自分の都道府県の「職員の任用に関する規則」を見てみませんか?

 

任命の方法とは?|採用・昇任・降任・転任の4つは定義済みです。

 

 

まとめ

 

地方公務員法では、任用の定義は、採用、昇任、降任、転任の4つについてのみでしたが、本県の「職員の任用に関する基準」では定義は4つに加えて、配置換もあるのでした。

 

また、一般職に加えて、教職員、警察もこの任用の基準が適用されることがわかりました。

 

 

職員を任命するのは「任命権者」の権限ですが、任命(任用)の基準を定めるのは人事委員会の権限でした。

 

 

昇任試験を受験する方は、この規則を前もって読んでおくべきだと思います。

 

私はぜんぜん読んでいませんでした。

 

まったく昇任に関する仕組みの知識もないまま受験した・・・。

 

それがよくなかったか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
勤務条件に関する措置要求
勤務条件に関する措置条件について調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
審査請求とは
職員が、意に反する不利益な処分を受けた場合どうするか調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。