営利企業への従事等の制限とは、なにをどこまで制限するのか。|公務員の営利活動は一切禁止なのか?

スポンサーリンク

営利企業への従事等の制限

営利企業とは

 

私人の財産的利益の増大を目的として、継続的・計画的に経営されるものを言います。

 

 

 

まず条文を見てみましょう。

 

地方公務員法第38条(営利企業への従事等の制限)

 

1 職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第1項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

 

2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

 

この条文の趣旨とは?

 

私が調べた資料は少し古いものなので、解釈が違うかもしれませんが、次のように書かれています。

 

本条は、営利企業等への従事を一般的に禁じた上で、例外的に、「任命権者の許可」によってその禁止を解除することにしています。

 

それは、「全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」(憲法15条)とされる職員が、一部の利益を追求する営利企業に関与することは、職員の本質に反するものと考えられるからです。

 

また、職員は、「その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い」(35条)なければならないとされているため、他の事業若しくは事務に従事することは、職務専念義務に違反する恐れがあるとも考えられます。

 

 

(ん?これは、勤務時間外のことも含めて言っているのだろうか?)

 

 

任命権者は、職員が全体の奉仕者であり、かつ職務専念義務を負っていることから、当該職員の占めている職と当該営利事業等に特別な利害関係がなく、かつその事業若しくは事務に従事しても、職務の遂行に支障がない場合には、当該職員に対し、本条で禁止されている職員の事業若しくは事務従事等の行為を許可することができます。

 

 

要するに、任命権者の許可が得られれば、可能になる場合もあるということのようですね。

 

営利企業への従事等の制限とは、なにをどこまで制限するのか。|公務員の営利活動は一切禁止なのか?

 

スポンサーリンク

制限行為の内容・3つのポイント

制限行為の内容・3つのポイント

 

任命権者の許可を受けない限り禁止されている行為として、次の3つがあります。

 

 

1 営利企業の役員等の地位を兼ねること

 

営利を目的とする私企業経営のために、会社等の役員等の地位を兼ねること。

 

役員とは、株式会社でいえば取締役、監査役などのことです。

 

営利団体の顧問、評議員、清算人など、人事委員会規則で定める地位を兼ねることもできません。

 

役員等の地位は人事委員会規則又は地方公共団体の規則で定めます。

 

また、営利企業とは、私人の財産的利益の増大を目的として、継続的・計画的に経営されるものをさすことから、農業協同組合、水産協同組合、森林組合、消費生活協同組合等は、ここに言う企業には該当しません。

 

ただし、報酬を受ける役員になる場合には、任命権者の許可が必要とされます。

 

 

2 みずから営利企業を営む(経営)こと

 

営利企業についてはその業種を問わないので、営利を目的とする限り「農業」も含まれます。

 

一般に自家用の米・野菜を生産する程度の兼業農家は営利企業ではないと解されます。

 

なお、職員の家族が経営することは問題ありませんが、家族名義で実質的には職員が経営している場合は脱法行為となります。

 

 

3 報酬を得て何らかの事業、事務に従事すること

 

本条は、報酬を得ての他事業・事務従事を全面的に禁じるものではありませんから、非営利事業・事務に有償で従事するときにも、営利事業・事務従事の場合同様、任命権者の許可が必要とされます。

 

報酬とは労働の対価で、これに該当しない旅費等の費用弁償や謝礼としての原稿料、講演料は含まれません。

 

職員が寺院の住職等の職を兼ねて、葬儀、法要等に際して受ける布施等の収入については、報酬に該当しないものと解されています。

 

営利企業への従事等の制限とは、なにをどこまで制限するのか。|公務員の営利活動は一切禁止なのか?

 

まとめ

 

職員は、任命権者の許可を受ければ、営利企業等に従事することができます。

 

まったくの禁止ではないのですね。

 

条文にもあるとおり「制限」なのです。

 

つぎの3点が満たされれば、OKのようです。

 

1 職務遂行上の能率の低下をきたすおそれがないこと。

 

2 当該営利企業と職員が属する地方公共団体との間に相反する利害関係を生じるおそれがなく、かつ、その職務の公正を妨げることがないこと。

 

3 職員及び職務の品位を損ねるおそれがないこと。

 

 

むかしは、兼業の人がずいぶんいたような記憶があります。

 

うちがお寺だった先生

 

農業をしながら公務員であった人

 

田舎のほうでは、仕事に就くとすれば公務員か教員になるひとが多かったと思います。

 

 

わたしもそんなイメージを持って今の職についたのですが、今のブラック的な職務内容では兼業なんてとてもとても…

 

営利企業への従事等の制限とは、なにをどこまで制限するのか。|公務員の営利活動は一切禁止なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
勤務条件に関する措置要求
勤務条件に関する措置条件について調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
審査請求とは
職員が、意に反する不利益な処分を受けた場合どうするか調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。