職員の意に反する処分かつ不利益な処分を任命権者が行ったとき|説明書が最初から交付されたときどうするか

スポンサーリンク

処分の事由を記載した説明書が任命権者から職員に交付されたとき。

不利益な処分の事由を記載した説明書が任命権者から職員に交付された場合

 

任命権者が職員に対して処分を行うとき、その処分が職員の意に反するものであり、かつ職員に対して不利益な処分であると任命権者が判断していれば、説明書を交付することになります。

 

ここは任命権者の人格が問われそうですね。

 

職員に対する処分が、不利益な処分かどうかは客観的に判断できます。懲戒処分か分限処分ですから。

 

しかし、職員の意に反する処分かどうかは、職員の心の中のことですから、直接聞いてみないとわからないことです。

 

あるいは、職員は不利益な処分が課されるだろうということは自覚していても、その重さが自分が考えている処分よりもおもすぎる処分であった場合は、職員の意に反することになるのでしょう。

 

はたまた、懲戒処分分限処分以外でも、職員にとっては不利益な処分であると思う処分もあるでしょう。

 

いずれの場合でも、とにかく処分の事由を記載した説明書が任命権者から職員に交付されていれば、次の手順はどうなるのでしょうか。

 

 

 

地方公務員法第49条の2(審査請求)

 

前条第1項に規定する処分を受けた職員は、人事委員会又は公平委員会に対してのみ審査請求をすることができる。

 

 

 

さて、職員は意に反するかつ不利益な処分を、説明書つきで受けたとします。

 

その処分を職員が不服と感じなければ、職員はその処分を受け入れます。

 

処分を職員が不服と感じた場合は、人事委員会又は公平委員会に対してのみ審査請求をすることができます。

 

「のみ」の意味するところは、この段階でいきなり裁判所に訴えることはできないということですね。

 

職員の意に反する処分かつ不利益な処分を任命権者が行ったとき|説明書が最初から交付されたときどうするか

 

スポンサーリンク

人事委員会・公平委員会の措置はどうなるのか

人事委員会又は公平委員会の審査、審理

 

つぎに、職員が人事委員会又は公平委員会に審査請求をしたとき、人事委員会または公平委員会はどうするかです。

 

 

 

地方公務員法第50条(審査及び審査の結果執るべき措置)

 

1 第49条の2第1項に規定する審査請求を受理したときは、人事委員会または公平委員会は、直ちにその事案を審査しなければならない。この場合において、処分を受けた職員から請求があったときは、口頭審理を行わなければならない。口頭審理は、その職員から請求があったときは、公開して行わなければならない。

 

2(略)

 

3 人事委員会又は公平委員会は、第1項に規定する審査の結果に基いて、その処分を承認し、修正し、又は取り消し、及び必要がある場合においては、任命権者にその職員の受けるべきであった給与その他の給付を回復するため必要で且つ適切な措置をさせる等その職員がその処分によって受けた不当な取扱を是正するための指示をしなければならない。

 

 

 

職員から審査請求を受理したときは、人事委員会又は公平委員会は直ちにその事案を審査しなければなりません。

 

審査の方法「書面審理」または「口頭審理」となります。

 

ちなみに、

 

「審査」とは、くわしく調べて「定めること」または「決めること」です。

 

「審理」とは、くわしく調べて「処理」すること、または「はっきりさせること」です。

 

口頭審理は、職員が口頭審理を請求した場合に行われます。

 

さらに、職員が口頭審理を公開することを請求すれば、公開して行う必要があります。

 

審理しているところを公開しなければならないのですね。

 

職員の意に反する処分かつ不利益な処分を任命権者が行ったとき|説明書が最初から交付されたときどうするか

審査請求に対する裁決

審査請求に対する裁決

 

次に、人事委員会又は公平委員会は、審査請求に対する採決を行います。

 

選択肢は

 

・処分の承認

 

・処分の修正

 

・処分の取り消し

 

のいずれかの措置を講じます。

 

 

 

人事委員会又は公平委員会の判断が「処分の承認」になった場合、職員はそれを受け入れるか、あるいはさらに不服の場合、いよいよ処分取消の訴えを裁判所に行います。

 

処分の修正や処分の取り消しになった場合は、人事委員会又は公平委員会は是正の措置をとり、任命権者に対して、職員が受けるべきであった給与その他の給付を回復し必要且つ適切な措置をさせます。

 

つまり、その職員が受けた処分は不当な扱いであったので、それを是正するのです。

 

 

 

最近では社会の流れなのか、処分が重くなってきています。

 

任命権者によって何でもかんでも懲戒免職処分にされたのでは、職員はたまったものではありません。

 

ましてや処分の事由を書いた説明書が交付されなかったら・・・ほんとに。

 

職員の意に反する処分かつ不利益な処分を任命権者が行ったとき|説明書が最初から交付されたときどうするか

 

 

 

まとめ

 

今回は処分の理由説明書が交付された不利益処分を受けたときの流れについて説明しました。

 

不服の場合、

 

@職員は人事委員会又は公平委員会に審査請求する。

 

A人事委員会又は公平委員会は、審査し審理し採決する。

 

B修正・取り消しならば、人事委員会又は公平委員会は任命権者に対して是正する。
 職員はその後の対応を決める。

 

となりました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
勤務条件に関する措置要求
勤務条件に関する措置条件について調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。
職員団体とは
公務員の職員団体について調べました。
職員団体を構成する職員
職員団体を構成する職員について調べました。
管理職員の職員団体加入
管理職員の職員団体加入の是非について調べました。
職員団体の登録とは
職員団体の登録について調べました。
職員団体登録のメリットとは
職員団体として登録することのメリットについて調べました。
職員団体の取消し
職員団体の取消しについて調べました。