教育公務員特例法特集|教育公務員にのみ適用される法律です。

スポンサーリンク

教育公務員特例法を詳しく調べてみよう。

平成28年改正 教育公務員特例法等の一部改正の解説 ?学校教育を担う教員の資質能力向上をめざして? [ 教員の資質向上研究会 ]

 

30年ぶりの大改正への対応が万全!平成28年11月に改正された教育公務員特例法(教特法)等の改正内容を制度設計者が教育委員会・大学に向けてわかりやすく解説した唯一の書。

 

○法改正業務に関わった文部科学省の担当部局が直接編集・執筆

 

○教育委員会及び大学に実務上必要な改正教特法の運用・解釈について解説した唯一の書

 

○実際に担当部局に寄せられた質問を基に作成したQ&Aを掲載しているため、実務で役に立つ

 

○教員制度改革を年表で見やすく整理し、大臣指針等の改正資料も掲載することで、改正の経緯も理解できる

教育公務員特例法特集|教育公務員にのみ適用される法律です。記事一覧

教育公務員特例法を読んでみる|第1条(この法律の趣旨)

教育公務員特例法は、教育公務員にのみ適用される法律です。法律には「一般法」と「特別法」があり、教育公務員特例法は「特別法」になります。それに対して、地方公務員法は「一般法」なのです。「一般法」とは、ある事柄について一般的に広く適用のある法律をいいます。「特別法」とは、同じ事柄について特定の人や地域を...

≫続きを読む

教育公務員・教員・部局長とは|教育公務員・教員・部局長の定義

教育公務員とは「教育公務員」とは、学校教育法第1条に定める公立学校の学長、校長、園長、教員、部局長、教育委員会専門職員のことをいいます。「教育公務員」には、大学から幼稚園、さらには教育委員会の専門職員まで含まれているということに注意してください。「部局長」とは、大学の副学長、学部長などをいいます。「...

≫続きを読む

大学の学長、教員、及び部局長|大学での職の任免、人事評価とは

大学の学長、教員、及び部局長とは私たちは、教育公務員特例法のうち、小学校・中学校・高等学校のことを中心に調べていますので、大学のことはほとんど扱いません。条文のみですが、第3条〜第10条まで掲載しておきます。興味がありましたら読んでみてください。また、ここに出てくる「大学」は、公立学校の「大学」のこ...

≫続きを読む

教育公務員はどのように採用されるのか?|地方公務員とちがうのか?

教育公務員の採用とは覚えていますか?地方公務員の採用は、地方公務員法第17条の2により次のように定められています。地方公務員法第17条の2人事委員会を置く地方公共団体においては、職員の採用は、競争試験によるものとする。ただし、人事委員会規則で定める場合には、選考によることを妨げない。地方公務員は、基...

≫続きを読む

教育公務員の「条件附き任用期間」とは?|地方公務員と教員ではちがうのか?

教員の条件付任用期間とは教員の条件附任用期間は「1年」です。1年もあるのですよ。これに対して地方公務員は、「6月」です。6ヶ月なのですよ。地方公務員法第22条にありました。臨時的任用又は非常勤職員の任用の場合を除き、職員の採用は、すべて条件付のものとし、その職員がその職において6月を勤務し、その間そ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る