法令等及び上司の職務上の命令に従う義務とは?|上司の命令には忠実に従わなければならないのです。

スポンサーリンク

法令等に従う義務とは?職務上の命令に従う義務とは?

上司の命令に従うのは、公務員の宿命です。職務です。従っていれば問題ないだろうと思いますが、それだけではないようです。

 

 

 

地方公務員法第32条(法令等及び上司の命令に従う義務)

 

職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

 

 

 

この条文は、「法令に従う義務」「職務命令に従う義務」の2つに区分することができます。

 

法令等及び上司の職務上の命令に従う義務とは?|上司の命令には忠実に従わなければならないのです。

法令等に従う義務(法令・条例等服従義務)

法令等に従う義務

 

法令等に従う義務については、職員は、職務を遂行するに当たって、法令、条例、地方公共団体の規則、地方公共団体の定める規程に従わなければなりません。

 

当然のことのようですが・・・

 

実は、そのポイントは「その職務を遂行するに当たって」という部分にあります。

 

 

 

あくまでも職務を遂行するためのものであるので、職務の遂行に関係のない法令や、職員が一市民として遵守しなければならない法令に違反したとしても、それはこの義務に違反したことにはなりません。

 

 

つまりここでいう「法令等」とは、法令一般という意味ではなく、「その職員の職務遂行に関係のある法令」に限られる、と解釈されます。

法令等及び上司の職務上の命令に従う義務とは?|上司の命令には忠実に従わなければならないのです。

 

スポンサーリンク

職務命令に従う義務(職務命令服従義務)

職務命令に従う義務

 

職員は、職務を遂行するに当たっては、上司の職務上の命令に忠実に従わなければなりません。

 

職員は自分の考えと異なる命令である場合でも、職務上の上司から発せられた命令には従わなければなりません。

 

ただし、明らかに違法又は公序良俗に反する場合や、物理的に不可能な場合には従う必要はありません。

 

 

職務命令についてはいくつかのポイントがあります。

 

(1)上司とは誰なのか?

 

たとえば、市民課の中に管理係と市民係があったとします。

 

市民係の係員から見て、市民係長と市民課長は上司になりますが、管理係長は市民係の係員の上司ではありません。

 

上司とは、指揮監督する権限を持つ人のことをいいます。

 

(2)職務上の上司と身分上の上司とは?

 

職務上の上司とは、職務の遂行について、職員を指揮監督する人のことです。

 

身分上の上司とは、職員の任用、分限、懲戒などの権限を持つ人のことです。

 

一般には、「職務上の上司=身分上の上司」となることが多いようです。

 

ときどき、所属する機関から他の執行機関に派遣される場合がありますが、職務上の上司は派遣先の機関となり、身分上の上司はもともといた機関の長になります。

 

(3)職務命令にはどんなものがあるのか?

 

職務命令も、職務上の命令と、身分上の命令の2つがあります。

 

職務上の命令とは、出張命令や文書作成の命令などがあります。

 

身分上の命令とは、職務とは直接の関係はなく、病気療養などの命令などです。

 

職務上の命令を発することができるのは、職務上の上司だけです。

 

(4)職務命令に対する部下の審査権

 

部下の審査権とは、上司の命令が有効か無効かを判別することです。

 

部下の審査権と言っても、部下が判断するのではなく、客観的な認定のことをいいます。

 

たとえば、職務命令に明らかに瑕疵(欠点・過ち)がある場合は、その職務命令は無効です。

 

特定の候補者の選挙運動をさせたり、職場を放棄させて何か他のことをさせるような命令は無効です。

 

法令等及び上司の職務上の命令に従う義務とは?|上司の命令には忠実に従わなければならないのです。

 

 

 

まとめ

 

法令等及び上司の職務上の命令に従う義務の違反は、職務上の義務違反となり、懲戒処分の対象となります。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
勤務条件に関する措置要求
勤務条件に関する措置条件について調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
審査請求とは
職員が、意に反する不利益な処分を受けた場合どうするか調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。