権限とは?職務権限とはどんな意味なのか?

スポンサーリンク

権限とはどういう意味か?

権限とは?

 

「権限」とはどういう意味でしょうか?

 

辞書などで調べてみると、

 

@官庁などが、法令で定められた権力を行うことのできる範囲。
A人が他人に対して行うことのできる権利の範囲

 

どちらも「範囲」という意味のようです。

 

「権」とは、「おもり」という意味を持ちます。おもりが軽重を支配するので、「ちから」の意味にも用いられるのです。「権衡(けんこう)を保つ」とは物事のつり合いを保つことで、「権」はおもり、「衡」はさおを意味します。現在は「均衡を保つ」が使われますね。

 

「限」は限りがあること、範囲をあらわします。「限定」「限界」のように使われますね。

 

「権限がある」というと、すごい力を持っているイメージがありますが、実はそうではないようです。

 

逆に、権力に限界があるという意味だということがわかります。権力の及ぶ範囲が限定されているということですね。

 

ですから、
「権限を持つ」とは、その範囲までの限られた権力を持っているということ。
「権限がない」とは、権力の範囲・限界を超えているということ。

 

おおきな権限を持っているということは、広い範囲まで権力が及ぶということですね。

 

「限」という言葉が使われているものに、「分限」があります。
これも「身分保障の限界」という意味ですね。

職務権限とは?

職務権限とは?

 

学校において、「権限」とはどのように使われるものでしょうか。

 

学校教育法37条(校長、教頭、教諭その他の職員)
C校長は、校務をつかさどり、所属職員を監督する。

 

これは、校長の職務権限です。

 

校務をつかさどるとは

 

「校務をつかさどる」とは、学校の業務に必要な一切の事務を掌握し、処理(調整・管理・執行)する権限があるということです。同時に、その責任も持っています。

 

「つかさどる」とは、職務として受け持つ、役目として仕事を行うという意味です。「掌る」と書きます。そのため、「校務をつかさどる」という権限と責任を「校務掌理権」といいます。

 

「掌理」とは、取り扱い管理すること、ある仕事を担当して取りまとめることという意味です。
日本国憲法では、次のように使われています。

 

日本国憲法73条(内閣の職務権限)
内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。
4 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を「掌理」すること。

 

念のため、同じつかさどるでも「司る」のほうは、長となって「支配する」という意味があるようですが、あまり明確な使い分けはないようです。

 

校長は学校を支配しているのではありませんから、「掌る」のほうになりますね。

 

 

所属職員を監督するとは

 

「所属職員を監督する」とは、学校の教職員を監督する権限と責任があるということです。
これを「所属職員監督権」といいます。

 

学校の職員は、いろいろなところから任命されてきた職員が勤務しています。
県の教育委員会から任命された職員、市町村の教育委員会から任命された職員、それ以外から任命された職員などなどです。
あるいは、常勤・非常勤の職員も勤務しています。
それらすべての職員を監督するのが校長なのです。

 

「監督する」にもいろいろな意味がありますが、ここでは触れません。

 

校長の職務については、「校長の職務」のところでも詳しく調べます。

 

 

 

まとめ

 

「権限」について理解できたでしょうか。

 

職務権限は、ある程度の範囲まで権力があるということでしたが、同時にその責任もあるということがわかりました。

 

特に学校の校長は、校務全体に権限があると同時に、その責任が大きいのですね。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

法令の区別はできますか?
法律、法規、法令など法の呼び方にはいろいろあります。どのように区別するのか探ります。
条例、規則、教育委員会
教育委員会関係の法規をまとめてみました。
通知、通達、訓令、諮問、答申
文書のよび方などについて調べてみました。
面接試験レポート
今年の面接をレポートしました。
学校とは?学校設置基準とは
学校の定義は何でしょうか。また、学校を設置するとき必要なことについてまとめました。
文章には発見を込めるべき
文章の書き方について反省しました。
特別休暇の2つの問題
特別休暇について2つの質問です。
連休にすること
今後の予定について、検討します。
法令の第1条とは?(1)
各法令について第1条に書かれていることをまとめました。
法令の第1条とは?(2)
法令の第1条について引き続き調べてみました。
教頭試験面接レポート2016
2016年教頭試験の面接ではどんな質問があったのでしょうか。