論文対策

スポンサーリンク

論文対策について

論文対策についての記事一覧になります。

論文対策記事一覧

論文対策を始めます

論文対策を開始しましょう夏になり、管理職試験の時期が近づいてきました。そろそろ論文対策に力を入れなければならないところです。あなたは論文対策はどのようにしていますか?ここでは、参考書をもとにしながら、どのように論文対策を立てていけばよいかをまとめて行きたいと思います。あなたの参考になれば幸いです。参...

≫続きを読む

学校管理職試験の論文試験にはどんなものがあるのか

学校管理職試験の論文には、「大論文」と「小論文」の2種類があります。大論文とは?「大論文」とは、1,200〜2,000字で書く論文です。あなたの県では大論文の試験がありますか?本県では、論文試験では最初にこの「大論文」の試験があります。「大論文」は、現在学校教育が抱えている様々な課題について、校長や...

≫続きを読む

序論の書き方とは|書き出しで書く4つの文とは?

あなたは論文を書くとき、最初にどのようなことで悩みますか。問題を読み終えると、まず書き出しをどのように書くかで悩みませんか?イントロが長くなりすぎると、肝心の書きたいことを書くスペースがなくなったり、時間がなくなったりします。書き出しは、4つの文章で決めることが次の本論にスムーズに移行する秘訣です。

≫続きを読む

序論の4文とはこれだ|序論の例いろいろ

序論の例をいくつか見て行きましょう。「合格論文の技術」には、「小論文には不易と流行の問題がある」という項目があります。小論文で必ず出題されるものには、職員会議、体罰、いじめ、不登校、教職員の服務、教員評価、学校安全、学校施設の目的外使用などがあります。このような「不易の問題」に対しては、「序論」を練...

≫続きを読む

論文の本論は「柱」を立てて読みやすく|柱とは何か?

本論を書く最初のポイントさて、次は本論です。序論を4文で簡潔にまとめたら、本文でしっかり自分の取り組みを主張しましょう。本論でもだらだらと文章が長くなると読みにくくなります。時間と字数が限られているので、3つの柱をしっかり立てて書くようにします。「柱」とは設問の課題を解決していく視点や方法を簡潔にま...

≫続きを読む

本論を書くときに立てる「柱」の具体的な例とは

「合格論文の技術」には、広い視点で2〜3の柱を立てるようにありますが、必ずしもそうではなく「柱や小見出しを立てずに書く」という項目もあります。課題によっては、時系列で書いたり、多角的な視点で書いたりするものもあります。ここでは、前回の記事の「3本柱」にぴったり当てはまるものを、「合格論文の技術」から...

≫続きを読む

柱を具体化する「論」「例」「策」の書き方とは

論とは、課題解決をしていく上で、「柱」に示した方法がなぜ課題解決に結びつくのかを説明するもの。例とは、「柱」の内容に関わる教育実践の例を書くもの。策とは、設問の課題解決に向けて具体的に行う実践策のこと。大論文の場合、全部で40行の論文を書くとすれば、3本柱の内容で次の分量が目安になります。1 序論 ...

≫続きを読む

結論では、最後に覚悟や決意を示すこと|尻切れトンボにならないように

結論の書き方とは?「結論」とは、論文の最後を締めくくる、まとめの部分です。序論、本論と書き進めたら、どんなに短くてもよいので、結論としてまとめておくことは必須です。1文でもよいので、あなたの「覚悟」「決意」を必ず記述してください。本県の問題には、問題文の最後に「〜教頭としてどうしますか。あなたの見解...

≫続きを読む

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る