校務分掌とは

スポンサーリンク

校務分掌

校務分掌とは?

 

校長にとっての校務とは、
「事務を含めた教育活動」
「教職員、児童生徒、施設設備の管理」
など非常に多岐にわたります。

 

学校教育法37条4項
校長は、校務をつかさどり、所属職員を監督する。

 

これを校長の「校務掌理権」というのだそうです。

 

この中の含まれるのが、校長が校務分掌を決定する権限なのです。

 

これを受けて、学校教育法施行規則に次の条項があります。

 

学校教育法施行規則43条(校務分掌)
小学校においては、調和の取れた学校運営が行われるためにふさわしい校務分掌の仕組みを整えるものとする。

 

「分掌」とは、仕事・事務を手分けして受け持つことです。
校長は、校務を教職員に分担させ、それを監督する責任があります。

 

本来は、その権限は教育委員会が持っているのですが、実際は校長に委任されているケースが多いのです。校長が校務の分掌を命じた場合は、教育委員会に届出を出したり、報告することになっています。

 

校務分掌とは

 

校務分掌と主任制度

 

調和のとれた学校運営のためには、主任制度は欠かせません。
特に教務主任は、学校の教育計画にかかわる重要な役目を持っています。

 

また、主幹教諭の存在も大きく、
「校長及び教頭を助け、命を受けて校務の一部を整理し、並びに児童の教育をつかさどる」
(学校教育法37条9項)
のように、校務の一部を整理することになっています。

 

教頭も校務を整理することになっていますが、この「整理」とは、校長が決済をしやすいように解決策をまとめておくことです。主幹教諭もその役目を担っています。

 

念のため、主任制度については学校教育法ではなく、学校教育法施行規則にあります。

 

校務分掌とは

 

学校教育法施行規則47条(校務を分担する主任等の設置)
小学校においては、前三条に規定する教務主任、学年主任、保健主事及び事務主任のほか、必要に応じ、校務を分担する主任等を置くことができる。

 

学校教育法施行規則44条、45条、46条に、教務主任及び学年主任、保健主事、事務長又は事務主任の記載があります。

 

学校教育法施行規則44条(教務主任及び学年主任)
小学校には、教務主任及び学年主任を置くものとする。

 

学校教育法施行規則45条(保健主事)
小学校においては保健主事を置くものとする。

 

学校教育法施行規則46条(事務長又は事務主任)
小学校には、事務長又は事務主任を置くことができる。

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

学校の管理・運営
学校の管理・運営についてまとめました。
職員会議とは
職員会議についてまとめてみました。
職員会議つづき
職員会議が学校教育法施行規則に定められた後はどのような変化があったのでしょうか。
学校評価
学校評価についてまとめました。
学校評価(第3者評価)
学校評価の3つ目、第3者評価についてまとめてみました。
人事考課制度、職員評価
人事考課制度である職員評価についてまとめてみました。
学校施設の目的外使用
学校施設の目的外使用についてまとめました。
土曜日に授業ができるのか
公立の學校が土曜日に授業を実施できるようになっています。土曜日の授業についてまとめました。
表簿とは?
表簿についてまとめました。
職員定数とは
公立高校の職員定数についてまとめました。
加配とは?
職員定数の加配についてまとめました。
再任用制度とは
再任用制度についてまとめました。
教員免許更新制とは
教員免許制度についてまとめました。
教員免許を更新するには
教員免許更新の内容についてまとめました。
免許更新受講免除とは?
教員免許状更新講習受講免除についてまとめました。
特別免許状とは
特別免許状についてまとめました。
臨時免許状とは
臨時免許状についてまとめました。
特別支援学校の教員免許状
特別支援学校の教員免許についてまとめました。
教員の採用と任命
教職員の採用と任命についてまとめました。
教職員の転任
教職員の人事制度(転任)についてまとめました。
教員の給与制度とは
教員の給与制度について調べました。
公務災害とは
公務災害について調べました。
教員免許状の失効とは?
教員免許が失効する場合について調べました。
懲戒,分限による免許状失効
懲戒免職や分限免職による教員免許状の失効についてまとめました。
免許状の取上げとは?
教員免許状の取上げとは何でしょうか?私立学校の教員の免許状は失効などはないのでしょうか。