勤務条件に関する措置要求とは|地方公務員は団結権、団体交渉権、争議権が制限されていることに対して代償として認められている権利のこと

スポンサーリンク

措置要求が認められているとはどういうことか

公務員の勤務関係は、基本的には近代的労働契約関係と変わりません。

 

そのため職員はこの労働契約関係の一当事者であることから、給料その他の勤務条件について、本来団結権・団体交渉権・争議権を通して保障されるべきものです。

 

 

 

日本国憲法第28条(勤労者の団結権及び団体行動権)

 

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

 

 

 

その一方職員は、「全体の奉仕者として公共の利益のために勤務」すべきものとされています。(日本国憲法第15条)

 

つまり、争議権、団体交渉権、団結権が法律によって制約されているのです。

 

地方公務員法第37条(争議行為等の禁止)

 

地方公務員法第55条(交渉)

 

地方公務員法第55条の2(職員団体のための職員の行為の制限)

 

 

 

そこで、給与その他の勤務条件を適正ならしめるために、職員は人事委員会または公平委員会に対して、地方公共団体が適正な措置を講ずることを要求することができるのです。

 

そのためにこの権利が認められているのです。

 

 

 

認められている理由はもう1つあります。

 

職員の勤務条件は、各地方公共団体の条例によって決まります。

 

勤務条件の維持・改善のためには、条例の制定を行うよう地方公共団体に働きかけなければならないのです。

 

働きかけないと、勤務条件は変わらないままです。

 

 

 

実際は次のような条文になります。

 

 

 

地方公務員法第46条(勤務条件に関する措置の要求)

 

職員は、給与、勤務時間その他の勤務条件に関し、人事委員会又は公平委員会に対して、地方公共団体の当局により適当な措置がとられるべきことを要求することができる。

 

勤務条件に関する措置要求とは|地方公務員が認められている権利の1つ

措置要求できる人はどんな人か

措置要求できる人はどんな人か

 

職員は措置要求を行うことができます。できるのは次の職員です。

 

・一般職、臨時職員、条件付採用職員

 

 

できないのは次の職員です。

 

・特別職、退職者(退職したら職員とはいえませんが)

 

退職した職員が、退職手当について措置要求する権利はないのですね。

 

 

またこの権利は職員に認められるものなので、個々の職員のほか、共同で要求することもできます。

 

しかし、職員ではない「職員団体」はできません。

 

 

勤務条件に関する措置要求とは|地方公務員が認められている権利の1つ

 

スポンサーリンク

措置要求ができる内容

措置要求ができる内容

 

職員が要求できるのは、給与、勤務時間その他の勤務条件に関することです。

 

 

・措置要求できること

 

給与、旅費、勤務時間、休日、休暇、部分休業、執務環境、福利厚生、安全衛生

 

転勤しても、過去の勤務条件についても職員である限り措置要求できます。

 

 

・措置要求できないこと

 

職員定数の増減、予算の増額、行政機構の改廃、条例の提案、勤務成績の評定制度

 

これらは行政のことなので、地方公務員個人に関することではないということでしょう。

 

 

でも、たとえば給与のことは条例で決まることなので、条例を提案するまではいかなくても不服があるときは何か要求したいところですが・・・

 

勤務条件に関する措置要求とは|地方公務員が認められている権利の1つ

措置要求のしくみ

 

地方公務員法第47条(審査及び審査の結果執るべき措置)

 

前条に規定する要求があったときは、人事委員会又は公平委員会は、事案について口頭審理その他の方法による審査を行い、事案を判定し、その結果に基いて、その権限に属する事項については、自らこれを実行し、その他の事項については、当該事項に関し権限を有する地方公共団体の機関に対し、必要な勧告をしなければならない。

 

 

 

措置要求の手順は以下のとおりです。

 

1 職員による措置要求

 

  人事委員会又は公平委員会の規則により、職員は書面により措置要求を行います。

 

 

2 措置要求の審査・判定

 

  人事委員会又は公平委員会は、調査の後に口頭審理その他の方法により審査を行います。

 

  審査後の判定としては、要求の全部または一部を認めるまたはすべてを認めないのいずれかとなります。

 

3 判定に基づく勧告など

 

  人事委員会又は公平委員会は、判定の結果に基づいて、その権限に属する事項については自らこれを実行します。

 

  たとえば、人事委員会規則で定めているものは、初任給、昇格及び昇給の基準などです。

 

  人事委員会又は公平委員会の権限に属さない事項については、当該事項について権限を有する地方公共団体の機関に対し必要な勧告を行います。

 

 

人事委員会又は公平委員会の審査・判定の手続、およびその結果執るべき措置に関して必要な事項は、次の第48条の規定に基いて、委員会規則で定めなければなりません

 

 

地方公務員法第48条(要求及び審査、判定の手続等)

 

前2条の規定による要求及び審査、判定の手続並びに審査、判定の結果執るべき措置に関し必要な事項は、人事委員会規則又は公平委員会規則で定めなければならない。

 

勤務条件に関する措置要求とは|地方公務員が認められている権利の1つ

 

まとめ

 

今回は

 

措置要求とは

 

措置要求ができる内容

 

そして

 

措置要求のしくみ

 

の3点について調べました。

 

でも、措置要求する権利が与えられているといっても、実際に要求した人がいないと、実感がわかないですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追
加  

スポンサーリンク


ページの先頭に戻る


関連ページ

公務員とは?
公務員についてまとめました。
公務員制度の変遷とは
公務員の変遷、公務員の歴史についてまとめました。
現在の公務員の人数は?
現在の公務員の種類と数の状況を、過去と比較してみました。
地方公務員法の目的
地方公務員法第1条についてまとめました。
地方公務員法の効力
地方公務員法第2条についてまとめました。
一般職と特別職(1)
地方公務員法第3条についてまとめました。
一般職と特別職(2)
地方公務員法第3条の続きです。
地方公務員法の適用職員
地方公務員法第4条についてまとめました。
人事委・公平委・条例
地方公務員法第5条についてまとめました。
人事機関とは?
地方公務員法の人事機関について調べました。
任命権者とは?
地方公務員法第6条、任命権者についてまとめました。
任命権とは?
任命権について調べました。
人事委、公平委の設置とは?
人事委員会・公平委員会の設置についてまとめました。
人事委員会の役割と権限
人事委員会の役割を調べました。
公平委員会の役割と権限
公平委員会について調べました。
規則制定権、証人喚問、国との協定
人事委員会の規則制定権、証人喚問、国との協定について調べました。
人事委員会の権限委任とは
人事委員会の権限委任について調べました。
人事委員会の構成とは?
人事委員会の構成と委員長について調べました。
人事委員会の相談の原則とは
人事委員会の議事の基本原則について調べました。
事務局と事務職員とは?
人事委員会の事務局と事務職員について調べました。
平等取扱の原則とは?
平等取り扱いの原則について調べました。
情勢適応の原則とは?
情勢適応の原則について調べました。
任用とは何か?
任用について調べました。
欠格条項とは何か?
欠格条項について調べました。
任命の方法とは?
任命の方法についてまとめました。
競争試験と選考の違いとは?
採用の方法についてしらべました。
採用試験とは?
地方公務員の採用試験について調べました。
採用候補者名簿とは?
採用候補者名簿や昇任候補者名簿についてまとめました。
昇任試験・選考・降任・転任
昇任試験・選考の実施と、降任・転任の方法についてまとめました。
条件付き採用とは?
条件付き採用についてまとめました。
臨時的任用とは?
臨時的任用および臨時的任用職員について調べました。
臨時的任用と任期付採用
臨時的任用と任期付採用についてさらに調べてみました。
臨時職員と非常勤職員(講師)
臨時職員と非常勤職員(非常勤講師)について調べました。
地方公務員の人事評価とは
人事評価について調べました。
勤務条件とは?
地方公務員の勤務条件について調べました。
給与とは?
給与について調べました。
給与決定3原則とは?
地方公務員の給与決定3原則についてまとめました。
給与支給の原則とは?
給与支給の原則と給与支払い3原則について調べました。
給与以外の勤務条件とは?
給与以外の勤務条件についてまとめました。
分限とは何か?
「分限」という言葉の意味について調べてみました。
処分とは?不利益処分とは?
「処分」についてまとめました。
懲戒とは何か?
懲戒について調べました。
分限処分の種類とは?
分限の種類について調べました。
懲戒処分の種類とは?
懲戒処分について調べました。
定年退職とは?
定年制、定年退職について調べました。
定年後の勤務延長とは?
定年退職者の勤務延長について調べました。
再任用とは?
再任用について調べました。
地方公務員の服務とは?
地方公務員の「服務」についてまとめました。
服務の宣誓とは?
服務の宣誓についてまとめました。
服従義務とは?
法令等及び上司の職務上の命令に従う義務について調べました。
信用失墜行為の禁止とは?
信用失墜行為と信用失墜行為の禁止について調べました。
秘密を守る義務とは?
公務員の守秘義務についてまとめました。
職務専念義務とは?
あらためて職務専念義務について調べました。
政治的行為の制限とは?
地方公務員の政治的行為の制限についてまとめました。
争議行為等の禁止とは?
公務員の争議行為と争議行為の禁止についてまとめました。
営利企業への従事制限とは?
公務員の営利企業への従事等についてまとめました。
退職管理の適正の確保とは
退職管理について調べました。
地方公務員の研修とは
地方公務員の研修について調べました。
福利と利益の保護と厚生とは
福祉の保護と利益の保護について。とくに「厚生」の意味について詳しく調べました。
厚生制度とは
厚生制度について調べました。
厚生福利制度とは
厚生福利制度について、さらに詳しく調べてみました。
厚生制度の内容
厚生制度の内容について調べました。
社会保障制度とは
共済制度の中で、社会保険について調べていきます。まず、社会保障制度から復習します。
共済制度とは
共済制度について調べました。
公務災害補償制度とは
地方公務員の公務災害補償制度についてまとめました。生活に大きくかかわるところです。
公務災害補償の特徴と仕組み
公務災害補償の特徴としくみについて調べました。
不利益処分とは?
不利益処分について調べました。
審査請求とは
職員が、意に反する不利益な処分を受けた場合どうするか調べました。
処分説明書とは
処分の事由を記載した説明書が交付されなかった場合について調べました。
審査請求と訴訟とは
審査請求のあとの訴訟について調べました。
職員団体とは
公務員の職員団体について調べました。
職員団体を構成する職員
職員団体を構成する職員について調べました。
管理職員の職員団体加入
管理職員の職員団体加入の是非について調べました。
職員団体の登録とは
職員団体の登録について調べました。
職員団体登録のメリットとは
職員団体として登録することのメリットについて調べました。
職員団体の取消し
職員団体の取消しについて調べました。